目指せ日本代表 GK上達法 ダイビング ①

前回までは、ボールを確実にキャッチする方法

をお話してきました。

 

しかし、それはあくまでも、

ボールが正面に来た時の状況です。

 

少し正面からずれたとしても、

身体を移動させてボールを正面にもってくれば、

キャッチはできます。

 

しかし、そのボールスピードが速くなり、

普通に移動していては間に合わないときに、

「ダイビング」

のスキルが必要になります。

 

これはボールとGKとの距離で

それぞれ使うスキルが違いますので、

まずは紹介いたします。

 

ボールと身体の距離が近い順番から

 

・ローリングダウン 

・ワンステップダイブ

・クロスステップダイブ

 

です。

 

その他に、

前方方向に飛び込む

 

・フロントダイブ

 

それから、中学、高校年代で身につける、

 

・ノーステップダイブ

・コラプシング

 

があります。

 

ダイビングというスキルは、

簡単にできるものではありません。

 

ダイブ=飛ぶ 

ということなので、

当然着地の時に倒れ方を間違うと

痛いです。

 

なので、各ダイブのポイントを

次回から紹介していきますので、

きちんと守ってトレーニングしてくださいね。

 

次回はダイブの基本 ローリングダウンについてです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

幼稚園でサッカーを知り、初めての試合で初ゴール!それからずっとサッカーにはまって、30年!
小学校5年生からGKを始めて、市選抜、県選抜候補までいっちゃいました。
アビスパU-18に入団もでプロの厳しさを知り、サッカー選手としての人生を諦める。。。
が、サッカーを通して得た経験を未来につなげたいと思い、指導者の道を歩む!
大学時代、ジュニア~社会人までGKの指導に携わる。また、少年団の監督も務める。
が、就職したのは大手通信会社。通信の発展とともにサッカーをもっと広めることができると思い入社!
当然、地域のジュニアの指導は続けてます!
そこで、まだまだ、小学生のGKが恵まれてない環境を知って、できることがないかと思い、ブログを立ち上げました。
GKの指導に恵まれない選手の助けになるよう色々書いていきますので、ぜひ参考にしてみてください!

目次